読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月11日(月) 東京

早めに起床して自室にて荷物などの整理をしてから電車に乗り、大崎広小路駅で降りて銀行に寄って各種の振込を済ませ、そのまま大崎郵便局でも送金を終えて、9時半過ぎに出社。10時より定例のスタッフミーティング開始。各スタッフからの業務報告に加えて、今年は夏期インターン生を多く迎えることもあり、その期間中の業務を前倒しで確認し、インターン生にはどのプロジェクトにどのように参加してもらうかを検討する。特に現在進行中の長者丸PJについては実施設計も上がって見積中ということもあり、各社より見積が提出されて事業費に目処がついた時点で、1/25程度の大きな模型を作ることにする。またちょうど良い時期にプロポーザルがあるので、そのチーム編成も考えていく。

午後に野原産業の担当者が来所。15分ほどの打合せ。その後、見積中の施工会社から締切に遅れて質疑が届く。先週金曜までにと伝えておいたはずなのに期限を守る気配など全く無く、それどころから遅れて提出してきた質疑への回答を、こちらが設定した回答日よりも早く出せと要望してくる有様。返信にてこちらのスケジュールを守るよう文章を書き、見積提出日は遅延しないで欲しい旨を書き添える。このような施工会社の、完全に上から目線の態度は最近の経済状況を反映したものなのか。これではいくら受注が決まったとしても、永く続く施主との関係を上手く作っていけないのではと不安を持つ。どんな時でも自分は謙虚でいることを胸に刻む。

20時を過ぎて帰宅。終日事務所にいると、それはそれでいろいろある。気疲れの多い一日。

広告を非表示にする