読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月1日(金) 広島ー厚木ー東京

5時起床。シャワーを浴びて荷物をまとめ、5時50分に部屋を出ると隣室だった父も同時に部屋を出ていて、二人してエレベーターに乗り、ロビーでチェックアウト。クルマで広島空港へ向かう。道中のサービスエリアで簡単な朝食を取り、7時ちょうどに広島空港脇のレンタカー屋に到着。すぐに返却手続きを済ませて送迎バスで空港へ。7時45分のフライトで東京へ戻る。

どのフライトも朝の便は定刻運用されていることもあり、9時前に羽田空港に到着。機内で父と別れ、急ぎ足で京急のホームへ向かう。なんとか予定の電車に乗り、京急、相鉄、小田急、神奈中バスと乗り継いで、11時ギリギリに東京工芸大学に到着。

控え室で数分、市原先生や熊倉さんと話をした後、製図室へ。三年生の設計製図は今日を入れてあと2回の授業で最終提出。やはり、というか、ここも、というか、しっかりと課題を進めている学生は半数ほど。学生の主体性に任せるべきなのか、事細かに指示して手を動かさせるべきなのか、指導の方向性については本当に悩ましい。

そのまま昼休みを取らずにエスキースを続け、14時半に全員のエスキースを終了。急いでバスに飛び乗って、本厚木駅から小田急、新宿から山手線と乗り継いで事務所に戻る。急ぎ昨日の岩手宮城での現地調査についての報告を木村から受ける。かなり詳細に見てきたようで報告内容も的確。

17時より長者丸プロジェクトの見積図渡しを開始。施工を希望する会社が順次訪れる。外崎と共に現場事項説明書の内容を中心に建物を説明し、特に留意して欲しい箇所については施工方法についても十分検討して欲しい旨を伝える。19時に全社分の説明を終了。

ここまで徹夜続きだった外崎や清水に、また彼らを良くアシストしてくれた木村や大森の労もねぎらって、今日は早く帰るように指示する。遠藤も広島往復の疲れで動けず。帰路につくも道中で父より連絡があり、そのまま父の家で夕食。一升瓶の泡盛をロックでやっていたら酔いが廻り始める。