6月19日(日) 尾瀬ー東京

夜中1時に父のイビキで起きてしまってから全く眠れず。やっと寝付けたはずの5時過ぎには起こされ、6時より朝食。バタバタと荷物をパッキングして、7時にヒュッテを出発。

昨日の道を、今日もまた、ノンビリと歩く。天気は昨日ほどではないが、それでもちょっと頑張って歩くと汗ばむ陽気。9時半には沼山峠に戻り、10時45分のバス出発までは思い思いに過ごす。父が温めたお汁粉が美味い。

ようやくバスが出発の時間となり、昨日と同様に狭い山道を2時間揺られる。窓から外を見ると路肩の向こうは深い絶壁。見ていると心臓に悪いので早々に目を瞑る。

12時45分に会津高原尾瀬口駅に到着し、急いで鈍行電車に乗る。1時間ほどで鬼怒川温泉に到着。15時05分発の特急発車時刻までを有効に使うべく、近くのホテルで日帰り温泉に浸かってから、再び駅に戻る。

無事に特急に乗り、17時過ぎには池袋駅に到着。そのまま事務所に戻り、19時よりクライアントとの打合せ。その打合せも20時には終わり、疲れ果てた身体を引きずって21時半に帰宅。片付けを済ませて23時前に倒れるように寝る。