読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月13日(月) 東京

8時過ぎに起床。準備して駿河台の日大へ。最近、授業前の講師打合せに遅れることが多いので、少し早めの到着を心がけたら講師控室には誰も居らず。10時20分くらいには皆集まりだして、本日の中間発表についてディスカッション。11時より各講師ごと班別に貼り出してある学生諸君の発表開始。僕の担当する20人の学生のうちでも片手では足りないくらいの力作が揃い、合同発表へのセレクションに迷う。10分ほど逡巡した後に5案をチョイスして、発表者名を学生に伝える。学生にとっては、中間発表とはいえ、一喜一憂の時間。

昼食後、二班分の合同発表を開始。遠藤は篠崎宏之さんと一緒に、計11人の講評を行う。普段エスキースを担当している学生の発表には出来る限り口を挟まずに、篠崎さんからの講評を引き出すように留意。講師ごとでも異なる見方や違う意見などがあることをそのまま前面に押し出して講評を続け、学生らには多様な考え方があることを感じさせるよう進めていく。

16時半に授業を終えて事務所へ。久しぶりに出社すると自分の机には封書や手紙の山。溜まった雑務を終えて、20時半に事務所を出て、一ヶ月ぶりの整体へ。相変わらず樋口先生の施術は猛烈に痛い。その後は倒れるように就寝。

広告を非表示にする