読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月11日(土) 八甲田

昨日の疲れで全く動けず、チェックアウト時間ギリギリになってバタバタと身支度。ホテルを出ると海方面へ向かい、海岸線ギリギリに建つ漁師小屋のような料理処で食事。取れ立てという雲丹丼をいただく。

その後、種差海岸を見て回った後にクルマを内陸部に向け、十和田市を越えて奥入瀬渓流を通ってから酸ヶ湯温泉へ。創湯200年を越える温泉だけあって木造建築としても設えが興味深い。特にヒバ千人風呂は一見の価値有り。しかし強酸性の湯は強烈。浴槽に持ち込んだタオルはもちろんのこと、身体に染み付く独特の匂いは後々まで取れない。

広告を非表示にする