6月8日(水) 新潟弥彦

6時に起床し、7時に自宅を出て、高田馬場駅で観光プロデューサーのN氏、フォトグラファーM氏、ライターT氏と待ち合わせして、一路、新潟弥彦へ。弥彦温泉の老舗旅館にてエントランス周りを修景リニューアルする計画のため現地調査。

12時過ぎに現地着。旅館の社長S氏と女将をご紹介頂いた後に簡単に昼食を取ってから、まずは取材チームによって料理品の撮影開始。料理長によって予め用意されていた地元産の魚介を厨房奥の刺身調理室で拝見したあと、綺麗に盛られた具材をどんどんと撮影していく。その撮影の鮮やかさは見事。ライティング手法が素晴らしい。いつもの建築撮影とは全く異なる状況に驚くことばかり。遠藤はやること無し。

その後、本日のテーマであるエントランス周り修景計画の打合せ。ストリートビューでは拝見していたが、改めて現地をつぶさに見て回り、現行の問題点をお互いに確認。修景イメージと共におおよその概算を伝え、事務所に戻り次第に総事業費概算書をまとめて提出することとなった。

夕刻はS社長を交えて旅館内の料亭で会食。先刻撮影していたと思われる魚介類の料理と地元産の日本酒で舌鼓。そのまま部屋に戻り、23時に就寝。