読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月18日(月) 東京

6時に起床し、7時前の東海道線に飛び乗り、8時半に事務所出社。急いで木村とプロポーザル案の最終チェックを行う。どうにも平面図が小さくて見にくいため、木村に無理を言って図面のスケールを上げてレイアウトしてみるよう指示する。

9時半に事務所を出て、新宿駅経由で御茶の水駅へ。日大5号館へ急ぎ、控室で講師打合せ。11時半より全体講評会を開始。参加の講師は授業主任の山中新太郎先生、田所先生の他、非常勤の菅原大輔さん大井裕介さん篠崎弘之さん仲條雪さんと私。各講師班ごとに選ばれた13名の学生が7名の講師陣とマッチアップ。各案15分ほどの中で、計画案の説明、講師からの質問、それに対する回答、さらに続く質問と、学生は言葉の矢玉に晒されていく。コンセプトはもとより、デザイン途中に何を考えていたかなど、講師達はエグいくらいに各計画案に踏み込んでいく。二年次からこれだけの批評に晒されれば、相当強い学生が育つだろう。

昼食を挟んで討議は続き、全案のプレゼンを終了したのが15時半ほど。そこから投票を行い、7人の講師陣が二票ずつ入れて、最高票が4票。ここで各案について再度の討議を行う。一票入ったものまで9案が残ったが、検討の結果、二票以上入ったものを最終投票対象とし、第二回目の投票を行う。結果、第一回目の投票で四票入った案が順当に、そして当初は二票しか得ていなかった案が大逆転の末に選出となった。

その後、1階の学生食堂に準備された軽食を食べながら、学生達と懇親会兼反省会。全体講評に選出されなかった学生も自分の図面や模型を持ち込んで、各講師に意見を求めている。ビールを飲みながら、次から次に何人もやってくる学生らと、何が足らなかったのか、そして何を表現すべきだったのかを話す。本当に真面目な学生が多くて、他大学の設計担当から見たら本当に羨ましい光景だろう。

19時半に懇親会を切り上げ、先生方と連れ立って、ワテラス1階のワインバーで講師陣のみの懇親会。ここでも議論の中心は設計教育。だんだんと講師陣も帰り、最後は山中、田所、菅原、遠藤の4人で「課題の評価方法」を議論。課題への評価として、その質と量以外にも、「価値」をどう定量化して評価するのかで盛り上がる。議論は尽きず。かなり酩酊して、22時を回った時刻に帰路につく。

広告を非表示にする

7月17日(日) 東京

日曜の午前は忙しい。やらねばならないことが山積み。掃除やら洗濯やらを済ませて、今日もプロポーザルのために12時過ぎに出社。徹夜で泊まり込んでいる木村と大森、そしてCGのアシストを任されている清水が眠そうな顔でMacに向かっている。

16時過ぎに事務所を出て、東海道線で湯河原へ雑務をこなす。各所に寄った後に、奥湯河原にある一軒家の洋食屋で会食。一週間の疲れが出たのか、22時前には就寝。

広告を非表示にする

7月16日(土) 東京

起床し、準備して9時過ぎに事務所へ。今日から外崎が結婚式のために帰省。

午前中は事務ワーク他。午後に池田山のクライアント邸へ伺い、八尾さんと一緒に懸案事項の再チェックと今後の方針について皆で確認。

事務所に戻り、15時に工芸大4年の浅原さんが来所。卒業設計テーマについて1時間ほどブレスト。まだまだ思いつきの内容のようだが、しっかりと煮詰めれば面白いテーマになりそう。夏前に目処をつけるべく頑張って欲しい。

その後も淡々と事務ワーク。21時くらいにプロポーザルを進める木村と大森を残して退社。

広告を非表示にする

7月15日(金) 厚木

なぜか目覚めよく、8時には準備して家を出て大学へ向かう。9時過ぎには本厚木駅に到着。プリントし忘れた書類を思い出し、Googleマップでセブンイレブンを検索すると歩いて5分ほど。iPhoneのメーラー上で書類を拡げ、ネットプリントでデータを転送。これだけのことで、セブンイレブンの端末で暗証番号を入れればプリントアウト完了。いやはや便利になったものだな。

その後スターバックスに移動して、コーヒー飲みながらしばし休憩。急行バスの時間になったので店を出て、バスセンターから東京工芸大学へバスで移動する。建築学科準備室に行く前に非常勤講師控室により、出席サインを先週分と合わせて二週分書く。

11時より三年生の設計製図授業を開始、今日は前期第二課題の提出日なので、製図室の雰囲気もいつもより慌ただしい。早速に出席と提出の受付を開始し、図面に印を押していく。11時半より講評開始。提出者31名の図面を模型を市原先生と熊倉さんと一緒にひとつずつ講評していく。

途中に昼食を挟み、16時半に全講評を終了。全体講評会の発表者を学生に伝える。悲哀こもごも。その後本厚木駅に移動し、学生10名ほどと一緒に設計課題提出の打ち上げ。キツい課題が終った開放感もあるのか、学生達は良く飲み良く食べ、良く喋る。そんな彼らの話に付き合いながら、延々とビールを飲み、散会20時半。小田急、相鉄、京浜東北線と乗り継いで、帰宅22時過ぎ。

広告を非表示にする

7月14日(木) 軽井沢

昨晩の酒も残らず、9時過ぎには出社。午前中は事務所にて仕事。木村と大森がプロポーザル提出に向けて、コンピュータワークに勤しんでいる。11時過ぎに事務所を出て、五反田駅から山手線で東京駅へ。12時すぎの北陸新幹線に乗り、13時半前に軽井沢駅到着。待ち合わせていた竹花組の矢野氏のクルマに同乗させていただいて、5分くらいクルマを走らせて、離山の麓に広がる別荘地に到着。

目当ての別荘を見つけて、予め開けておいてもらった裏口から室内に入り、矢野氏と共に現況調査を開始。クライアントはこの建物をリニューアルするか、それとも建て直すかを悩んでいて、その判断材料が欲しいと言うことで現地調査の依頼となった訳である。しっかりと設計施工された建物ではあるが古いコンクリート構造で、しかも断熱がなされていないところが多々見受けられる。壁面にも結露によるカビの箇所が多い。リニューアルするにしても構造躯体が見えるまで仕上等は剝がして、設備含めて全てやり直さねばならないだろう。全く不可能というわけでは無いが、複雑なプランかつ壁式構造ということもあり、設計の自由度はかなり低いと言わざるを得ない。なかなか難しい案件となりそうだ。

1時間ほど内見の後に、再び軽井沢駅へ戻る。ここで矢野氏と別れ、次の予定まで時間が空いたので、軽井沢駅南口から歩いてアウトレットモールの中にあるスターバックスへ行き、コーヒーを飲みながら書類に目を通す。外崎がまとめた長者丸PJの質疑回答書はすぐに各施工会社に送るよう指示をする。

15時を過ぎて再び駅に戻り、笹沢建設の関口氏と合流。クルマで「鶴溜の家」に向かい、進行中の改修工事の現場チェック。工事全体を見て回る。特に大きな問題は無いようで、清掃等をしっかり行って欲しい旨を伝えて現場を後にする。

軽井沢駅に戻り、一番最初の東京行きを手配しようとするも満席。自由席が空いていることを期待してホームで待ち、来た車両の乗り込む。運良く空席があり、そこに身体を滑り込ませる。20時過ぎに東京に着き、本日は直帰にて帰宅。

広告を非表示にする

7月13日(水) 東京

起床してそのまま午前中から諸打合せへ。12時過ぎに事務所に出社。14時半に木村や大森とプロポーザル案を打合せ。だいぶ形になってきた。15時過ぎに構造家の佐藤淳さんが来所され、同プロポーザル案について構造打合せ。僕たちの構想イメージに対して、いつも通りにその場でパッパと計算して、想像していたよりもスレンダーな構造計画を提案してくれた。17時過ぎに事務所を出て山手線で新宿へ。株式会社荒井商店の清水さんと落ち合う。清水さんと出会ったのは、懇意にする設備設計事務所の山下が彼の友人と運営する日本酒の店「hashi」だった。仲間と一緒に連れ立って店に入り、日本酒を飲んでいた時にカウンターの中で料理人顔負けの調理を披露されていたのが出会い。いろいろと話をしているうちに二人とも建築関係ということが分り、その後は軽井沢や神宮前案件の案件などでご一緒している。今日もそんな仕事の話をしつつの酒。新宿から渋谷に廻り、かなり酩酊したところで散会。

広告を非表示にする

7月12日(火) 東京

起きて毎朝のルーティンをこなし、9時過ぎに出社。午前中は進行中のプロポーザルについてスタッフとディスカッションなど。13時に経理事務所の伊藤さんが来所。スタッフの伝票や振込票などを渡し、いつものようにここまでの試算表を頂戴する。これだけ忙しいのに数字は残酷だ。

はたらけど

はたらけど猶わが生活楽にならざり

ぢつと手を見る

(石川啄木)

15時に北野建設の中澤さんが来所。営業に戻ってきたとのことでご挨拶にお越しになられた。話を聞くと受注状況は好調のよう。しかし現時点で遠藤が手掛けている計画案件のボリュームゾーンとはかなり開きもある印象。

17時を過ぎて事務所出て、五反田駅前で少々買い物をした後に山手線で御茶の水駅へ。そのまま駿河台の日大5号館へ向かい、18時より山中新太郎准教授の研究室で、7月22日から始まる三年生四年生を対象とする「夏期デザインワークショップ」の打合せ。山中先生や遠藤の他、一緒に担当する建築家の関本竜太さんや鹿内健さんらと、ワークショップ内容やスケジュールなどを1時間半ほどディスカッション。今年の2月に意見交換した内容について更に討議していく。この日大の夏期デザインワークショップ自体は実際に手を動かして実作を作り上げるという課題であるが、前回の打合せ当初から、ただモノを作って満足のワークショップではなくて、時代性や社会への視線なども併せ持った課題にしようと皆で話合っていた。特に今年は熊本地震の被害があったこともあり、余計にそれらを意識した課題を練り上げていく。かなり素晴らしいテーマ設定となったのではないかと推測。このワークショップに参加する学生達は当日発表される課題内容に大きな期待をして欲しいと思う。

おおよその方向性が見えたところで、まずは要項を山中先生にまとめていただくこととして、打合せを終える。19時半に御茶の水駅を出て、神田駅至近のビストロで知人と会食。イマイチのワインを攫んでしまい、飲んでいるうちにだんだんとアタマが痛くなってくる。しかも会計時に食べていないものまで払わされそうになる。せっかく良い打合せが続いたのに帳尻合わず。最後は災難な一日。

広告を非表示にする

7月11日(月) 東京

早めに起床して自室にて荷物などの整理をしてから電車に乗り、大崎広小路駅で降りて銀行に寄って各種の振込を済ませ、そのまま大崎郵便局でも送金を終えて、9時半過ぎに出社。10時より定例のスタッフミーティング開始。各スタッフからの業務報告に加えて、今年は夏期インターン生を多く迎えることもあり、その期間中の業務を前倒しで確認し、インターン生にはどのプロジェクトにどのように参加してもらうかを検討する。特に現在進行中の長者丸PJについては実施設計も上がって見積中ということもあり、各社より見積が提出されて事業費に目処がついた時点で、1/25程度の大きな模型を作ることにする。またちょうど良い時期にプロポーザルがあるので、そのチーム編成も考えていく。

午後に野原産業の担当者が来所。15分ほどの打合せ。その後、見積中の施工会社から締切に遅れて質疑が届く。先週金曜までにと伝えておいたはずなのに期限を守る気配など全く無く、それどころから遅れて提出してきた質疑への回答を、こちらが設定した回答日よりも早く出せと要望してくる有様。返信にてこちらのスケジュールを守るよう文章を書き、見積提出日は遅延しないで欲しい旨を書き添える。このような施工会社の、完全に上から目線の態度は最近の経済状況を反映したものなのか。これではいくら受注が決まったとしても、永く続く施主との関係を上手く作っていけないのではと不安を持つ。どんな時でも自分は謙虚でいることを胸に刻む。

20時を過ぎて帰宅。終日事務所にいると、それはそれでいろいろある。気疲れの多い一日。

広告を非表示にする

7月10日(日) 東京

目が覚めても、一週間の疲れか、ベッドの上で動けない。なんとか動き出しても身体がふらふらする。これは大事になる前に疲れを抜こうと、今日は一日何もしないで過ごすことに決める。が、洗濯やら掃除やら、結局はいろいろと身体を動かしているハメになる。それが良いリハビリだったのか、身体のキレも夕方には戻ってきた。19時前に家を出て投票所へ行き、参議院議員選挙へ投票をして、またすぐに自宅に戻る。

帰宅してシャワーを浴びてから、ビールを飲みながら開票速報を見る。まぁ予想された結果。大枠で与党への信任はするも、自民党の過半数は認めずという、日本特有のバランス感覚みたいなものを、またもやTVで見させられる。

その後、ツールドフランスにチャンネルを切り替えると、コンタドールがリタイアという速報が流れる。悲しい。序盤2ステージでの連続しての落車が大きく響いていることは間違いないだろう。いくら周到な準備をしても結果を得られないこともある。ロードレースの難しさと脆さ、儚さだ。それにしても、もう一度あの空へと羽ばたくように坂を駆け上がって行くコンタドールのダンシングが見たい。

というか、ワタクシもダンシングが得意だったんだけどなぁ。ホント少し絞らんと。。。

広告を非表示にする

7月9日(土) 東京

起床して9時過ぎに出社。10時より木村、大森とプロポーザル案の打合せ。並行して進めてきた二案から一案に絞る。今後はこの案をさらに展開させていくよう、細かい設計ポイントを三人で共有化する。

12時前に事務所を出て渋谷駅へ。昨年度まで東京工芸大学で教えていたリバート君と待ち合わせしてランチを一緒する。大学の卒業設計賞も取り、JIA神奈川の卒業設計コンクールでも金賞を得た彼は、今は隈研吾事務所へ入社すべくインターンを続けている。近況などを聞きながら、彼の悩みなどへアドヴァイスをする。今までの東京工芸大学生の中でも極めて優秀な彼だからこそ、上手にキャリアを作って行って欲しいと願う。

その後事務所に戻り、15時半からComodo設備計画の山下さんと打合せ。その後二人で事務所でて、神楽坂にて知人の結婚パーティーへ。洒落たイタリアンに自転車チーム仲間も多く集まり、賑やかな会合。そのまま二次会で居酒屋へと流れ、酷い酩酊となる前に散会。

広告を非表示にする

7月8日(金) 厚木ー秦野

7時に起きる。全く身体が動かない。昨日の運転疲れが全く抜けてない。なんとか起き上がってシャワーを浴び、食欲もないので朝食も取らずに8時に家を出る。8時半にレンタカーを返却し、8時40分に事務所着。木村と大森が待ち構えていて、すぐにプロポーザル案の打合せを開始。数案から二案に絞り、今後展開させていきたいイメージを共有して、9時15分に事務所を出る。五反田から山手線で新宿に向かい、小田急線に乗り換えてロマンスカーで本厚木へ。大学直行の急行バスに乗り込み、授業開始に何とか間に合って11時前に到着して、授業開始。

来週が前期第二課題の提出ということもあり、今週は強制的にエスキースをやるのではなく、聞きたいこと相談したいことがある学生のみで良いと伝えたところ、ほとんどの学生は製図板に向かって設計作業を続けている。こんなに一生懸命にやるのなら課題の最初からやれば良いのにと思うが、追い込まれないとやらない、やれないのは人間の悲しい性。そういうもんなんだろう。その後も散発的にエスキースにやってくる学生といろいろとディスカッション。他の学生に対しても、ここまできたら大きな変更などはせず、自分の案の持ち味を最大限に活かすようにと伝える。

16時半で授業を終了し、バスで本厚木駅まで戻って、いつもとは逆方向の小田急線に乗り、急行で20分の秦野駅へ。三年前に遠藤が設計してリニューアルした居酒屋オーナーからの小さな相談に乗る為に、久しぶりに駅前に立つ。遠藤がリニューアルデザインした結果と誇って良いのか、それとも元々オーナーがやり手なのか詳細は不明だが、リニューアル後の売り上げはそれ以前の何倍にもなるらしい。こんなことなら設計監理料を売り上げ比例にしておけば良かったと心から思う。

生ビール三杯に美味しい刺身や手作りのつくね串をご馳走になりながら、いくつかの相談。特に問題は無さそう。今後の対応方針などを相談しているうちにもどんどんと御客様が入ってくる。忙しく働く店員だけでは賄い切れなくなり、オーナーもキッチンに入っていったこともあり、出していただいた料理を綺麗に食べ切って、挨拶をしてお店を辞する。

ちょうど秦野駅に滑り込んできた小田急線の急行に飛び乗り、新宿経由で五反田へ。一度事務所に戻り、諸々の小さな打合せをしたところでどうにも思考能力が落ちてきた。スタッフ皆には明日早く出社する旨を伝えて事務所を出る。

7月7日(木) 名古屋ー豊田

4時に起床。準備していると案の定、清水からクルマ回送が遅刻の連絡。予定時刻を30分過ぎて清水がやってきて、急いで川崎の鈴木写真家の自宅に向かう。自宅前で立っていた鈴木さんに詫びて、機材を積み込んですぐに出発。

首都高速、横浜新道、保土ヶ谷バイパス、東名、新東名、そして豊田JCTから再び東名と走って、9時半に名古屋市名東区に到着。荷物を降ろして早速に撮影を開始。しかし暑い。ものすごい日差しが真上から照りつける。梅雨の合間を縫って、なんとか撮影してしまいたいと好天を願っていたのは事実。しかしこの天気。いきなり真夏のど真ん中に放り込まれたようで、最近あまりの陽を浴びていない身体が日差しの強さと気温の高さに根を上げそうになる。そんな中でも黙々と撮影を続ける写真家の体力には本当に尊敬。

昼食を挟んで15時半くらいまで名古屋で撮影を続け、その後豊田市に移動し、先日も撮影を行った保見が丘幼稚園に到着。部分的に再撮影を行い、なんとか19時前に前撮影を終了。時間もあったので豊田市自然観察の森ネイチャーセンターに寄り、久しぶりに建物を眺める。建物の周囲がだんだんと樹々で覆われ始めており、竣工から6年経って、やっと当初に構想した風景が見えてきている。

再びクルマに乗り、朝に来た道を戻る。途中で夕食を取って、川崎に到着したのは22時過ぎ。鈴木さんをお送りし、清水を川崎駅で下し、独りとなったクルマで自宅に戻る。22時半帰宅。シャワーを浴びてからビールを一缶だけ煽り、ベッドへ倒れ込む。

7月6日(水) 東京

いつもどおり起床して9時前には事務所へ。いろいろと書類を準備して再び五反田駅へ戻り、山手線から田園都市線へ乗り継いで池尻大橋駅へ。11時よりファーストキワプランニングの市川社長と1時間ほど打合せ。12時前に再び田園都市線に乗り、五反田駅近くの喜多方ラーメンで昼食。一度事務所に戻り、15時を過ぎてから火曜の続きのスタッフ面談。まだ入社一年目の清水と入社して三ヶ月の大森なので、あまり込み入った話にもならずサクッと面談終了。

今日は大学時代の知人が単身赴任先のインドネシアから帰国しているとのことで、19時に皆で集まる予定となっている。早く仕事を片付けるべく急いでいると、17時を過ぎたくらいに、その大学友人の一人であるアーキヴィジョンの石田からFBでメッセージ。打合せが早く終ってしまったので今から私の事務所に行って良いかとのこと。18時に大量のアイスと共に石田がやってきて、スタッフ皆で美味しくいただく。

その後五反田駅近くに最近出来た肉バルへ向かい、帰国中の平野や杉山らも落ち合ってワイン飯。店を変えてビールを飲み続け、後半には鹿島建設に務める中山や馬立らの横浜勤務組も合流。バカ話を続けながら22時くらいまで飲んで散会。久々の楽しい酒。

広告を非表示にする

7月5日(火) 東京

夜中もずっと蒸し暑く、とうとう一晩中エアコンをつけていた。今年の夏は予報では猛暑といっていたが、まだ7月が始まったばかりでこれでは先が思いやられる。夏猛烈に暑く、冬猛烈に寒いこの家を、ホントなんとかしたい。完全なる「紺屋の白袴」。

9時過ぎには出社し、10時より定例のスタッフミーティング。終えて11時過ぎよりスタッフ面談。毎年4月に行っている各スタッフとの面談だが、今年は春先に仕事が集中していたこともあり、少し遅れて行う。最初に木村と1時間、その後に外崎と1時間。二人からは事務所のことを真剣に考えてくれている意見やコメントが山のようにあり、こんな小さな事務所ではあるが改めて所長として気を引き締める。二人と面談したところで時間切れとなり、残るスタッフは明日行うこととなった。

その後、池田山のクライアント邸へ向かい、八尾さんと合流してクライアントの奥様と打合せ。懸案事項や修繕個所の確認を行い、15時過ぎに事務所に戻る。そのまま八尾さんと長者丸PJの設計チーム打合せ。16時過ぎに事務所を出て、大森と五反田駅の東急ストアへ買い出し。今晩は実施設計アップの慰労も兼ねて、久しぶりに事務所で食事会。同時に大森の卒業旅行の写真を上映して報告会。先日の弥彦温泉現地調査時に買い求めておいた日本酒にあうツマミをちょっと多めに買い込み、事務所に戻って準備して、17時過ぎから皆で飲み始める。事情を伝えてなかった八尾さんも同席され、延々と飲み続けて、終了22時。ここからの記憶が飛んでいる。

広告を非表示にする

7月4日(月) 東京

今日は大学へ行く前にどうしても事務所で片付けてしまいたい仕事があり、8時過ぎに出社。自分の机でガツガツとやっていると、9時過ぎに大森が出社してくる。

9時半過ぎに事務所を出て、山手線、中央線と乗り継いで御茶の水駅へ向かう。先ほど届いた施主からのメールに急いで返信をすべくiPhoneに集中していたら、閉まるドアの向こうに御茶の水の文字。乗り過ごしである。しかも快速なので次は四ッ谷駅。しょうがないので四ッ谷駅まで行って、ちょうどホーム反対に滑り込んできた中央快速に乗り換える。ちょっと早めに事務所から出たこともあって遅刻はせずに済み、日大に10時15分には到着。10時20分から講師打合せ開始。

本日は設計製図第二課題「谷中に立つ住宅」の提出日なので、評価および採点方法について、講師陣で再度の確認を行う。10時40分に提出物の採点を開始。提出された図面と模型が並ぶ中をまずはグルグルと歩き回って、おおよその目処をつけていく。予想通りに頑張っている学生もいれば、提出だけで精一杯というものもいるようで玉石混合。採点は当日の提出内容だけで評価を行うのがこの学科のルールなので、学生への思い入れは一切排除してSABCDの判定を行っていく。担当する20人分の提出作品を評価順に並べ直し、再確認を行って、まずは一次評価終了。11時40分からは7人の講師陣全員で全ての作品をチェックして行く。各ブースをその担当講師が説明しながら、講評会へ選出すべき作品を中心にチェックを続けていく。13時くらいまでで7班分を終え、講師皆で昼食へ。冷やし担々麺が美味い。その後再び製図室に戻り、全員で再びA班から見て回る。15時までに二周回を終え、講評会への選定作品を13件選出して、採点を終える。15時15分に学生らが製図室に戻り、各班ごとに総括。遠藤班から学生らに選出された三名の学生の名を挙げて、祝意と共に、二週間後の講評会までに図面や模型などを更にレベルアップさせるよう指示する。

その後事務所に戻り、木村、大森と設計プロポーザルの打合せ。木村が見てきた現地調査の報告を基に、設計方針と配置計画を決めていく。

20時を過ぎて、一日の疲れで動き緩慢となり、退社して帰路につく。

広告を非表示にする